殿様のたわごと
僕自身の身の回りにおこったことや 感じたことをつらつらと書き綴っただけのブログ。 たまにエッセイ的なものupする予定。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


精神後進国アメリカ?
 アメリカ合衆国の副大統領様が狩猟中に友人を誤射されたそうな。

 アメリカのこういった銃がらみの事件を耳にするたびにおもうことがある。

            歴史の浅さ。

 と言っても、あくまでも白人主導のアメリカ史のことなんだけどね。

 銃を持てるというのは、日本で言えば刀を持てるってこと。
日本でもアメリカでも許可無くは持てないものなんだけど、
少なくとも日本で護衛のために刀を持っている人は殆どいないだろう。
芸術品として、であるとか、精神集中のために持っているのだと思う。
この差こそが歴史の深さの違いなんだと思う。
 アメリカと言う国は中世を経験していない。
それが銃社会ができあがった原因の一つだと思う。
多くの国では中世を経験し、近代に至るんだけど、
アメリカでは西部劇の時代は近代史に分類されると思う。
つまり帯刀している侍が今の日本に大勢いるってことになる。
これは俺が思うに精神と文明がアンバランスな状態であろう。

 さらに、人を見たら泥棒だと思え!的な考え方。
何年か前に日本人留学生がフリーズという言葉を聞き取れないばかりに射殺された。
しかも射殺した側は正当防衛で無罪。
俺には過剰防衛というよりも異常防衛に思える。
 
 汝、隣人を愛せ。

は嘘なのである。
これは世界情勢にもいえることでパワーが精神を圧倒している。
そして一神教徒が多いゆえに他人を認めない、
排他的なところがアメリカには顕著に感じられる。

 何とかならんのかね?
なんともなりまへんわ。

 アメリカ様には、もっと歴史を積み重ねて、精神を鍛えてほしいものだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
揚げ足とるわけじゃないですが…
狩猟中の誤射というのは、日本でもそう珍しいことではないと思いますよ。
アメリカの歴史はすなわち開拓の歴史みたいなところもあるわけで、一概にヨーロッパなどと比較もできないでしょう。

もっとも、確かに行き過ぎた銃社会ではあるんですけどね。
自衛の目的を大きく逸脱しているような、強力な銃が出回ってたりとか…。
【2006/02/14 00:17】 URL | Aroma #iJufPjoI [ 編集]

>Aromaさん
説明不足ですみません。
狩猟に関しての誤射は日本でもあります。
ただ、開拓の歴史が近代であることがあめりかの未成熟さにつながっているのかなと。

【2006/02/14 00:57】 URL | 殿様 #- [ 編集]

えー、私が思うに。
美徳というものが、米帝にはナッシング。
まったく無い。というと反論されそうだが、、、
日本のソレとは明らかに違う。
人が作ったものは、人がつかわにゃ
どーすんの?的な。それが人を殺める物でも使っちゃう。
短い期間だけどアメリカに行って思ったことがある。あいつら、自分がアメコミのヒーローだと、
勘違いしとる。そこに拍車を掛ける鉄砲。

ギャングオブニューヨークって映画みた?
スタートラインが略奪だもん。
三つ子の魂百まで ですよ。
【2006/02/16 00:21】 URL | マルハチ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://instonosama.blog34.fc2.com/tb.php/39-74e3e1ca



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。