殿様のたわごと
僕自身の身の回りにおこったことや 感じたことをつらつらと書き綴っただけのブログ。 たまにエッセイ的なものupする予定。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


それでも話し合い?
 先日、父と末の妹が、妹の就職先について話し合いをしていた。
今、妹は京都の大学に通っていて、京都で就職したいということで、
父はそれに反対をしている、ということだった。
さんざん話し合っていたけども、俺には最初から結果は分かっていた。
父は絶対に折れない。そして妹も。
双方に言い分があって、俺の感想では、理は妹にあった。
ただ、父の心情も理解できた。
だから、どっちが正しいというわけではない。
理は妹にあると俺が思っていても、父からすれば、父にもあるものなのだろう。
 つまり何が言いたいかというと、話し合いでは決着がつかないことは多々あるということ。
日本人は話し合いという言葉が大好きで、
ある種、信仰に近いものを持っていると感じることがある。
そして、そういった人に限って、何でも話せば分かると信じているようだ。
勿論、突然殴りかかれと言いたいわけではない。
話し合いで争いが解決するなら、それはとても素晴らしいことだ。
ただ、話し合うということは、どちらかが、もしくは双方が譲歩するということだ。
話し合い至上主義者にはそれが理解できているだろうか?
 双方に、双方なりの理があって、正義がある。
特に宗教や思想が絡んだ時ほど顕著であるが、こういった場合どちらも譲らない。
そして行き着く先は戦争になってしまう。
 
 悲しいことだ。

 作家の明石散人氏の言葉に真の強者は、
譲っても譲っても勝利を手にしているものだ、という言葉がある。
譲っても勝者なら戦争はしなくていい。
そんな強くて賢い人間になりたいものだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/11/22 01:44】 | # [ 編集]

頑固(語弊があるかしら?)とは、
「己の意思を曲げない」頑固と、
「人の意見を聞かない」頑固があります。

「譲歩」ではなく「歩み寄り」という話し合いになるといいですわね。

ちなみに「話さなくても分かる」信仰もありますわね。ひめはこれにどれだけ苦労したか…i-229
【2005/11/22 02:02】 URL | ひめ #- [ 編集]

とっても、いい言葉だね。

心に 響きました。

旅行中にそうなれるよう がんばります

【2005/11/22 18:09】 URL | nori #RpPIrWsE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://instonosama.blog34.fc2.com/tb.php/14-3f78296a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。