殿様のたわごと
僕自身の身の回りにおこったことや 感じたことをつらつらと書き綴っただけのブログ。 たまにエッセイ的なものupする予定。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


豊かさ
 欲しいものってありますか?
俺は物欲があんまり無い。
何かが欲しいと思えることが本当に無い。
例えば携帯電話は話ができれば何でもいいし、
車はちゃんと走ればそれでいい。
最新機能は必要ないと思っている。
実用本位といえば聞こえがいいんだけど、本当は回りに何でもあるら、
特になにかが欲しいわけではないんだと思う。
だから、俺は何かを買うために仕事を頑張るという感覚がない。
これって、かなりやばい。向上心が少し欠如しやすい傾向がある。

 みんな持ってるのに自分が貧しいばっかりに、あるものが買えないとする、
こういった状況下であれば、ほとんどの人が頑張るだろう。
つまり豊かさが今の社会にニート生み出す要因の一つになっていると思う。
さらにいえば豊かさだけではなく、便利さも要因の一つであろう。
便利になるということは、雇用が減ることを意味する。
例えばETCがいい例だと思う。料金所での雇用は確実に減る。
それに俺は高速乗って料金所のおっちゃんに
「お疲れ様でーす」
と言って、おっちゃんがいい顔した時とかもいい気分になる。
そういった、コミュニケーション場まで失われる。

 豊かさと便利さ、いきすぎると大変なことになるかもね。




スポンサーサイト

な、な、な、なんと
 突然ですが・・・・・
な、な、な、な、なんと彼女ができちゃいました。
つい先日まで「女はいらねぇ」とか「女は邪魔だ」なんていってたのに・・・
しかも出会って、まだ一週間しかたってないのに・・・
俺も節操無いなぁ。
 言い訳をさせていただくと、価値観がかなり近く、話をしていて楽しかったから。
俺ってかなり変わり者だけど、彼女なら理解してくれそうだし。
あと教養があることも、かなりいい。
歴史や宗教の話なんかも普通にできるし、理解してくれる上、
彼女自身の考えもそれなりに持っている。

 ん?のろけてる?まだまだ、そういう感じじゃあないけどね。
 
 うーーーん、カフェの方は、事情があって、話が膠着状態なのに、何してんだか。

 これからどうなることか分かりませんが、とにかく何事も楽しみます。


                            p.s.ニクソンすまん

 歯医者に行ってきました。
友人の、お兄様が開業されているので、紹介をしてもらったのです。
俺の歯は相当酷いらしく(自覚あり)とりあえず二本は抜かなければいけない模様。
今日は一本目を抜いていただきました。
全く痛くなくて吃驚したんだけど・・・
歯医者の、あのキュイーーーンって音は何とかなりませんかねぇ。
待合室にいるときから、あの音でやられます。
背筋がゾクゾクする感じだけは勘弁してください。

少なくとも半年以上は処置に時間を要するとのこと。
あの音と、どうやって付き合っていこう。

逸見庸Ⅱ
 数年前、大阪で辺見さんとお会いした。
日ごろからお世話になっている方から、辺見さんの講演会があるからおいでよ、
と誘われたのがきっかけです。
 
 講演が終わった後に一緒に飲みに連れて行って頂いたのですが、
辺見庸はかっこよかった。

 昭和の匂いを色濃く漂わせるスナックで彼は桑田佳祐の「月」を歌った。
なんともいえない渋い声で歌っていた。
決して上手いとはいえないのだけど、かっこいい。
歌は心で歌うものなんだなぁと思わさせられた。

 その後、「ハノイの月」という辺見さんファンの方が、されているお店へ。
そこで俺は朝まで辺見さんとお話をさせて頂いた。
勿論、周りに何人か人はいたのだけれど、かなり二人で盛り上がっていたと思う。
酔っ払っていたのでそう思っただけかもしれないけど・・・。

 辺見さんは死刑制度反対に関すること熱く語ってらっしゃった。
そのほかには、彼の作品である「ゆで卵」に関する評価に気を揉んでらした。
「俺は好きですよ」というと、辺見さんは少し嬉しそうに
「どんなとこが?」と尋ねられる。
「辺見さんの変態チックなとこ」と答えると・・・・
          大爆笑
「俺って変態か?」
「ええ、変態です」言い切っちゃった。
でもそのあとも笑ってくれた。
「ゆで卵」という作品は地下鉄サリン事件を体験された辺見さんが、
その体験を下に書かれた作品であるが、なんというか・・・
これまでの作品とは性質が違うせいで、もうああいったものは書かないでくれ
といわれたこともあるそうだ。
だから、失礼なことを言った俺に対して、
「君は面白いな」と仰っておられたのだと思う。

 思想等に関しては俺とは相容れない所の多い辺見さんなんだけど、
すんげーかっこいいぜ。

 思想や宗教が違っても相手を理解できることはあると思うといまになって感じている。
世界平和への第一歩かな。

 「ハノイの月」には辺見さんがお書きになられた、
「人生どんぶらこ」
という壁書がいつまでもあるだろう。


 今は、ただただ辺見さんの病状回復を切に祈るだけです。


シフォンケーキ
 昼まっから作ってみました。
P1000119.jpg


シフォンケーキって、めっちゃ簡単な上、コストも安い。
さらに美味しい。
いうことなしのケーキなんだよね。
今日作ったものも美味しかった。
ちなみに今回はバニラミルクな感じの味。
本当はバニラビーンズを使いたかったんだけど、
買いに行くのが面倒なので、バニラエッセンスを使用した。
やっぱ少し風味は落ちるね。ま美味いからいいや。

 そういえば最近よくケーキ作ってるけど、俺の見た目とのギャップ凄くない?


辺見庸
 久しぶりに本の紹介をしようと思う。
といっても今回は少し趣を変えて、俺のお会いしたことのある作家にズームイン。

 よく売れた本だから、ご存知のかたも多いと思うけど
             「もの食う人びと」
勿論、辺見庸さんの作品です。
 世界中の、もの食う人びとの食い物を彼らと同じ目線で辺見さんも食らう。
ダッカで残飯を食らうことから始まるこの作品はリアル。
とにかく何でも食らう。
放射能入りのスープまで。
辺見さんにお会いする以前から読んでいた本だったのだけど、
お会いしてから読み返すと彼が何であんなことをしたのかわかる気がして嬉しかった。
飽食といわれている国に育った方々、是非ご一読を。

 辺見さんにお会いしたときのお話はまた後日。



これから
 先日、高校時代の友人と数年ぶりに飲みに行きました。
同級生には医者や弁護士が多く刺激を受けまくり。
そのほかにも28歳にして年収1000万円を稼いでいるサラリーマンまでいる始末。
負けてられないね。

 俺もそうなんだけど既婚者がものすごく少ない。
高校時代以外の友人なら既婚者もそこそこいるんだけど、何でだろう。
俺自身は結婚の意味すら、ろくにわからない、ロクデナシなんだけどね。

 っま、それはそうと朝の五時過ぎまでカラオケ行ってたりして、
まだまだ若いじゃん!とか思いながら今年を迎えるのです。

俺の性格判断
あなたの性格診断結果
高得点なものが中心的性質です。

●循環性気質:7点 [ふつう]
開放的、社交的、素直。衝動的で感情の起伏が激しい。先のことを考えない。気が変わりやすい。協力的で周囲から影響を受けやすい。
●粘着性気質:4点 [ふつう]
堅実、勤勉、粘り強い。計画性、持久力もありコツコツ型。忍耐力があり執念深い。落ち着いている。
●分裂性気質:12点 [強い]
内向型、凝り性、自我が強い。想像力に富んでいる。客観的分析に長けている。実際の行動は苦手。頭の回転が速い。
●ヒステリー:7点 [ふつう]
自己中心、わがまま、依頼心が強い。心身ともに未熟で子供。
●神経質:8点 [ふつう]
心配性、自分を過小評価しすぎる、気苦労が多く傷つきやすい。自己反省ができる。

こんな結果がでました。
この手のテストって今までやったこと無かったんだけど、やっちゃいました。
分裂性気質のポイントが高いのは何となく自分でもわかるけど、
俺のこと知ってる人達どう?あてはまってる?

あけましておめでとうございます
 新年が明けてしまいました。
昨年、お世話になった方々、ありがとうございました。
そしてご迷惑を、おかけした方々、申し訳ありませんでした。
それでもって俺の世話になった野郎ども!感謝しろ!^^
皆様方、今年もよろしくお願いします。

 元日の朝のことを元旦というのですが、元旦はいつもより町が静かだ。
帰省のため人がいないのか、深酒をして眠っているのかは分からない。
町自体がおとなしく平和な感じがする。
そんな日に働いてらっしゃる皆様、本当にお疲れ様です。

ということで、今年の抱負は感謝の気持ちを忘れない。
これって当然のことなんだけど、ついつい忘れてしまう。
自分一人で生きていると勘違いしてしまうときがある。
だから今年はそんなことが無いように自分を戒めます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。